STUDIO

Air Room

STUDIO Air Roomとは?

________________________________________________________________
STUDIO Air Roomは多くの商業スタジオや街のレコスタと違いエンジニア個人のプライベートスタジオです。
基本的にはMix作業、マスタリングを主としたスタジオですが、ドラム以外のレコーディングも行えるようになっています。
一般的なスタジオと大きく違う点として利便性や共用性といったものが排除されています。
そ の為、クライアントの皆様にはご迷惑をおかけする部分もあるかも しれません。随時、改善しておりますのでご要望がございましたら遠慮なくお伝え下さい。
逆に利便性と共用性を排除することで細かな部分に拘りが持てるのもプライベートスタジオの特徴です。STUDIO Air Roomの拘りの部分は下記で紹介しております。こちらのブログもSTUDIO Air Roomの拘りの部分をご説明をしております。
エンジニアのプライベートスタジオでのレコーディングやMix作業、マスタリング といった ことはプロの世界ではご く一般的に行われていることではありますが、アマ チュアやインディーズの中では、まだまだ敷居が高いのが実情です。そのような方々でも気軽にご依頼を頂けるよう、STUDIO Air Roomではクオリティーはメジャー級、料金はインディーズをコンセプトにお仕事をさせて頂いております。あまり肩肘をはらず、リラックスしてレコーディ ングでの演奏、Mix作業やマスタ リングでの立ち合いに臨んで頂ければ幸いです。

                                                Engineer GAKU

________________________________________________________________





________________________________________________________________


STUDIO Air Roomのこだわり

________________________________________________________________
スピーカーの実験室並みに音響の調整にこだわっています。
Room内でのフラッターエコーの発生を極限まで抑えてあり、また音の反射角度が均等に拡散されるよ う調整し てあります。(Room横の廊下ではフラッターエコーが多量に発生し、また低音が非常に回りやすく、さらに音の反射角度がまばらです。廊下と室内でそれぞ れ扉を閉めた状態で手を叩いてみると音の鳴り方の違いが分かるかと思います。)
________________________________________________________________
配線にこだわっています。
やもすると、べルデンやモガミなどの安価な物で済まされてしまいがちなケーブルです。「Air Room」では音声ケーブルのほとんどをMonsterCable/StudioProを使用しています。ただし状況に合わせて部分的にZaollaとい う胴体に銅ではなく純銀を使用したものも利用しています。また楽器用ケーブルもMonsterCableのRockとjazz、Zaollaの楽器用ケー ブル、Providenceの楽器用ケーブル等を用意してあります。電源ケーブルはデジタル系、電源上流系、電源下流系とそれぞれの特性と機器に合わせた ものをチョイスし5,000円〜5万円程度のものを使用しています。 電源ケーブルはaudio-technicaやPS audioを中心にMonsterCable、オルトフォン、MITなどを使用。

________________________________________________________________
電源にこだわっています。
良い電源ケーブルがあっても元の電源が悪いと全く意味がありません。
ダムも造らずに、しかも汚水や工業用水を流しながら川の整備するようなもので す。STUDIO Air Roomではクライオ処理をしたブレーカー(200V)からそれぞれシステム系と機材系、オーディオ系に分けて独立させて あります。また壁コンセントから直接電源を取るのではなくアイソレーショントランス電源にて電源を取り込みそこからFURMANやTASCAMなどのパ ワーコンディショナーにてデジタル系、オーディオ系、機材系とそれぞれ系統ごとに分けて電源を分配しています。STUDIO Air Roomの電源環境をこ ちら のブログにて紹介しております。


◆パソコン周りの電源にはAPC社のSmart-UPS 1500
停電時でも対応出来るよう無停電電源装置を設置してあります。
またこの機に電源を溜め込み蓄積するだけでなく出力の際にはクリーンな整流波となった電源を放出します。

サンプル画像



◆オーディオ用、機材用の電源にはそれぞれノグチトランスで別注し たアイソレーショントランスを使用。
ノグ チトランスのオーディオトランスはオーディオデッキなどに繋げるとパワー感が増しつつクリアです。ノグチトランスは破格の激安店なので興味のある方は是非 オススメします。

サンプル画像

________________________________________________________________
モニタリングこだわっています。
一般的なスタジオであれば業務用スピーカーやヘッドフォンを使用します。
STUDIO Air Roomでは業務用ではなくオーディオ用のスピーカーやヘッドフォン、アクセサリを多様します。
個人的な趣味の傾向が強いですが。定位感が分 かりやすくクリアな音を好んでセッティングしています。
ちなみにスピーカーとヘッドフォンアンプはオーディオの専門工房でリチューンされたものです。同じ物を購入されても同じ音ではありませんのでご注意下さ いませ。
________________________________________________________________
機材にこだわっています。
F
ocusriteのISAチャンネルストリップやnaveの1272プリアンプ、ApogeeのA/Dコンバーターなど、プロスタジオクラスの 機材をご 用意しております。また個人的なお気に入りとしてHDB audioのTMA2など。またDAWソフトで扱うプラグインエフェクターも業界標準とされるWavesやMcDSPなどをはじめ各種取り揃えておりま す。会社都合や利便性で機材を選定する必要がないのでエンジニアが自分の耳で判断し本当に良いと思った機材を選定しています。詳しくは機材リストプラグインリストをご覧 下さ い。
またギタリストにおなじみMESA Boogie製のアンプの中でも最高峰に位置するTRIAXIS2とRecto Stereo 2:100のセットやHughes&KettnerのTRIAMPなどギタリストにはたまらない機材も多いかと思います。



___________________________________________________________
Copyright (C) STUDIO Air Room. All Rights Reserved.

ホームページテンプレートのpondt